logo

日本酒麺つゆ+うな玉丼

日本酒麺つゆ+うな玉丼

栄養満点のうなぎが、オリジナル麺つゆでもっとおいしく!

夏のスタミナ食の代表「うなぎ」には豊富な栄養が含まれています。
ビタミンA、E、B1、B2、たんぱく質、脂質など、
ビタミンC以外はほとんどとれてしまうと言ってもいいほど。
栄養満点のうなぎをもっとおいしく食べていただくアイデアが
日本酒を使ったオリジナル麺つゆ。

日本酒を加えることで、
加熱によって固くなりがちなうなぎもふんわり仕上がります
トロトロの半熟卵との絶妙なコラボレーションをお楽しみください。

材料(2人分※写真は1人分)
ご飯
400g
うなぎの蒲焼
1尾
(A)日本酒麺つゆ
1/2カップ
(A)水
大さじ2
2個
三つ葉
適量
山椒
好みで
How to cook(作り方)
1.
うなぎの蒲焼きは縦半分に切ってから1cm幅に切る。
2.
フライパンに皮目を下にしたうなぎを並べ、Aを合わせたものを加えて中火で煮る。うなぎの中まで火が通ったら、溶きほぐした卵を加え蓋をし、 半熟になったら火を止める。
3.
丼にご飯に盛りつけ(2)をのせて三つ葉を飾り、好みで山椒をふる。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会