logo

豚白菜鍋

豚白菜鍋

忙しいときは手軽においしく!コク旨!

年末忙しくなってきたときは、旬の食材を簡単にかつ、おいしく温かくとれる鍋に限りますね。
豚肉は体を元気にするビタミンB1が豊富で、にんにくに入っているアリシンはその働きをサポートするので一緒に摂るのはとても効果的です。
春菊を加えることで豚肉にはないビタミンAやCも摂ることができます。
仕上げはバターを入れてコクを出し、レモンをかけてアクセントのある味わいに。
日本酒を加えることで、みその辛みを和らげ、味をまろやかにします。

材料(2人分)
白菜
1/8株
豚バラ肉(薄切り)
200g
長ねぎ
1本
春菊
100g
にんにく
3片
(A)みそ
大さじ2
┗甜麺醤
大さじ2
┗豆板醤
小さじ1
┗日本酒
1/2カップ
バター
24g
レモン
2/8切
How to cook(作り方)
1.
白菜は縦半分に切って葉と軸に切り分け、それぞれザク切りにする。豚肉は長さを半分に切る。長ねぎは斜め切りにし、春菊は4cmの長さに切る。
2.
にんにくは薄皮をつけたままアルミ箔の上にのせ、オーブントースター、あるいは200℃のオーブンで約7分焼き、薄皮をむいて包丁の背でつぶし、Aを加えてよく混ぜる。
3.
土鍋に白菜の芯を敷き、ねぎ、豚肉を広げてのせ(2)を塗る。同じことを繰り返し、蓋をして中火にかけ約20分煮る。
4.
蓋を取り、白菜の葉と春菊とバターをのせ、蓋をして5分ほど再加熱する。
5.
好みでレモン汁をかけて食す。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会