logo

キャベツたっぷりタッカルビ

キャベツたっぷりタッカルビ

女性に人気の朝鮮料理をアレンジ!

昨年から若い女性を中心に人気が出た「タッカルビ」。鶏肉や野菜をコチュジャン、しょうゆなどでつくったタレで味付けする朝鮮料理の一つです。特にチーズタッカルビが人気でしたが、今回はビタミンCが豊富なキャベツをたっぷりと使用しました。やわらかめの春キャベツと違って、葉がかためで旬の冬キャベツは煮崩れせず、加熱すると甘みが増すのが特徴です。日本酒を鶏肉にもみ込んでおくことで、加熱しても軟らかく、臭みも緩和します。ご飯との相性抜群の「キャヘツたっふりタッカルヒ」。箸がすすむこと間違いなしの一品です。

材料(2人分)
キャベツ
1/3個
鶏もも肉
1枚(約250g)
日本酒
大さじ1
赤とうがらし
1本
玉ねぎ
1/2個
しめじ
1/4パック
万能ねぎ
適宜
(A)玉ねぎのすりおろし
1/2個分
┗おろしにんにく
小さじ1
┗おろししょうが
大さじ1
┗しょうゆ
大さじ3と1/2
┗コチュジャン
大さじ2
ごま油
大さじ2
ピザ用チーズ
50g
How to cook(作り方)
1.
とうがらしは半分にちぎって種を除き、Aの材料と合わせる。鶏肉を一口大に切り、日本酒をもみ込み、Aに漬けておく。
2.
キャベツはザク切り、玉ねぎは1cm幅のくし形切りにする。しめじは根元を切り落としてほぐしておく。
3.
フライパンにごま油を熱し、(2)を広げる。(1)をたれごとのせ、ふたをして弱火で約10分蒸し焼きにする。
4.
最後にピザ用チーズをのせ溶けるまで蒸す。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会