logo

さばとまいたけのリエット

さばとまいたけのリエット

ホームパーティーでも大活躍!

フランスで古くから伝わる伝統料理「リエット」。作り置きができて、お酒にも合うことから、ホームパーティーでも大活躍な一品です。豚肉を使用することが一般的ですが、今回は旬の食材である「さば」と「まいたけ」を使用。まいたけは食物繊維やビタミンB1、カリウム等が豊富で、高血圧予防や動脈硬化予防に役立つと注目されています。さばは日本酒と一緒に煮ることで、魚の臭みが緩和され、一層軟らかくなります。バケットのかわりに、クラッカーにのせて食べるのもオススメですよ。

材料(4人分)
さば(切り身)
2切れ(約200g)
舞茸
200g
にんにく
1かけ
オリーブ油
大さじ2
(A)日本酒
1/4カップ
┗水
3/4カップ
(B)塩、こしょう
少々
┗バター
50g
┗くるみ
30g
┗パセリ
1/2本(茎を除く)
バケット
適宜
How to cook(作り方)
1.
さばは骨を除き、両面に塩少々をふる。舞茸は根元を落としてほぐし、にんにくは皮をむき、縦半分に切る。
2.
フライパンにオリーブ油と、にんにくを弱火にかけ、香りが出てやわらかくなったら
さばと舞茸を加えて焼き色がつくまで加熱する。Aを注ぎ入れ約10分煮る。
3.
粗熱を取り、煮汁ごとフードプロセッサーに入れ、Bを加えて撹拌する。薄く切ったバケットにぬって食す。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会