logo

牡蠣のみかん釜焼き

牡蠣のみかん釜焼き

旬の味覚をかわいい器に詰めました。

みかんでできたかわいらしい器に、旬の牡蠣を入れました。
栄養リッチな牡蠣に加え、牡蠣の下に隠れるみかんからビタミンCも補給して、これから忙しくなる年末を乗り切りましょう。
くるみの食感も牡蠣とみかんの味を引き立たせるアクセントになっています。
日本酒を絡めることで、牡蠣の臭みを消し、味をまろやかにしています。
かわいい器は、みかんの代わりにゆずを使ってもOK!冬の味覚をかわいらしい器で楽しんでください。

材料(4個分)
みかん
4個
牡蠣
8~12個
適量
サラダ油
適宜
(A)白みそ
大さじ2
┗日本酒
大さじ1/2
┗みりん
大さじ1/2
┗みかんの搾り汁
小さじ3
┗砂糖
小さじ1
卵黄
1個分
くるみ
3g
How to cook(作り方)
1.
みかんは上1/3で切り、中身をくりぬいてみかん釜をつくる。
2.
くりぬいたみかんのうち1個は小房に分け、半分に切る。
3.
牡蠣は塩水でふり洗いし、流水でサッと洗ってざるに上げて水けをきる。
4.
フライパンに油をひき中火にかけ、(3)を入れて実がふっくらとして表面に焼き色がつくまで焼いて取り出しておく。
5.
小鍋に卵黄以外のAを入れて弱火にかけ、へらでつやが出るまで練り混ぜる。火を止めて卵黄を加えよく混ぜ、最後にくるみを加えて混ぜる。
6.
(1)のみかん釜に(2)を3〜4個並べ入れ(5)をかける。その上に(4)を2~3個
 並べ入れ、(5)をかけてオーブントースターで表面に焼き色が付くまで焼き、器に盛りつける。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会