logo

ひっつみ鍋

ひっつみ鍋

もちもち食感がクセになる!

「ひっつみ」とは、岩手県の北上盆地を中心とした地域で食べられている小麦粉を用いた汁物の郷土料理(すいとんの一種)です。もちもちでつるっとした食感のひっつみは、食べ応えも満点です。

ひっつみの生地に日本酒を加えることで、薄力粉と水だけよりも、生地をなめらかにし、うまみをアップします。日本酒には昆布と同じうまみ成分のグルタミン酸が入っているので、もちろんスープにも日本酒を入れてうまみをプラス。
お鍋のレパートリーのひとつに加えてみませんか?

材料(※作りやすい分量)
薄力粉
1/2カップ
日本酒
小さじ1
25cc
ごぼう
30g
鶏もも肉
100g
きのこ(しいたけ.しめじ等)
適量
長ねぎ
1/2本
みつば
適量
しらたき
100g
(A)しょうゆ
大さじ1
┗塩
小さじ1/3
┗みりん
小さじ1
┗日本酒
大さじ1
┗鶏がらスープ
500cc
How to cook(作り方)
1.
深めのボウルに薄力粉を入れて、日本酒と水を少しずつ加え、耳たぶくらいの軟らかさになるまでこねて、ビニール袋に入れて2時間程度寝かせる。
2.
ごぼうはささがきにして水に入れ、アク抜きをする。鶏肉は食べやすい大きさに切り、きのこは石づきを取って食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め切り、みつばは3~4cmの長さに切る。
3.
鍋に鶏がらスープとごぼうを入れて火にかけ、少し煮えたら鶏肉ときのこを入れる。煮立ってきたらアクをとり、しらたきを加える。
4.
鶏肉に火が通ったらAの調味料を加え、味を調える。
5.
大きめのボウルに水を入れる。(1)の生地を出して、一口大ににちぎって水にくぐらせる。少し伸ばしながら(4)の鍋に入れ、浮きあがってきたら、長ねぎを加え、火を消す直前にみつばを入れる。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会