logo

かぶと鶏手羽元の中華スープ

かぶと鶏手羽元の中華スープ

香ばしく焼き色をつけた鶏肉が旨味の決め手!

12月に入り、すっかり冷え込んできましたね。
今が旬のかぶを使った旨味たっぷりのスープです。
味付けは、香ばしく表面を焼いた鶏肉で旨味を凝縮した
シンプルな中華スープに仕上げています。

鶏肉は焼く前に日本酒をもみこんでおくことで
キレイに焼き色がつき、香ばしさがプラスされます。
スープにも日本酒を使用することで
かぶの煮崩れを防いでくれる効果があります。

材料(2人分)
かぶ(葉つき)
2個
鶏手羽元
4本
日本酒
大さじ1
ゴマ油
少々
(A)鶏ガラスープ(顆粒)
小さじ2
┗日本酒
大さじ1
┗水
2カップ
少々
コショウ
少々
How to cook(作り方)
1.
かぶは根元の砂を竹串でかきだしてよく洗い、茎を少し残して切り落とす。根は皮をむいて縦半分に切り、葉は刻んで塩もみする。鶏手羽元は表面にフォークで数か所穴をあけ、日本酒をもみこんでおく。
ゴマ油を熱したフライパンで表面に焦げ目がつくまで焼く。
2.
鍋にかぶとAを入れて火にかけ、沸騰したら鶏手羽元を加える。再び沸騰したらアクを取り、弱火で煮込む。塩、コショウで味を調えゴマ油を加える。
3.
器に盛り、かぶの葉を散らす。
コメント・レビュー

このレシピにはコメント・レビューはありません。

こばたてるみ

こばた てるみ

(株)しょくスポーツ 代表取締役、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、健康運動指導士、日本酒スタイリスト

「ルミさん」の愛称で親しまれ、メディアでも活躍する日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証 5 名のう ちの 1 人)。日本酒を生かした料理の提案を得意とする一方、トップアスリートの栄養サポートや商品開発、 食育、企業の健康づくりにも関与。
「日本酒は最高の調味料!ひと振り酒 おいしさ倍増レシピ」などの著書、日本栄養士会「第一回 84 (栄 養) セレクション」など受賞多数。趣味は酒蔵巡りとゴルフ。

レシピ

日本酒造組合中央会